申込みの手続きは難しい?各社のSIM契約方法はどれくらい簡単か

申込みの手続きは難しい?各社のSIM契約方法はどれくらい簡単か

SIMの契約手続きはインターネットで完結する

single_15

契約手続きは簡単!

SIMを使うためには、契約の手続きが必要になります。「契約の手続き」と聞くと、難しそうだなと思ってしまいますが、実際にはMVNOのWebサイトから簡単に手続きすることができます。難しい作業は必要なく、指示に従って手続きを進めていくだけなのです。

実際に行うこと

では、SIMを契約するときに、実際にどのような手続きが必要になるのか、一般的な流れをご紹介します。

音声電話契約のSIMとデータ通信のみのSIMでは、必要になる手続きがやや異なります。どちらの場合でも共通して必要になるのが、氏名や住所といった個人情報・決済方法の登録、そしてSIMカードの種類の指定です。

契約が完了すると、SIMカードが郵送にて送られてくるため、氏名・住所が必要になります。毎月の料金を支払うために、クレジットカード番号等の登録も求められます。

また、nano SIMやmicro SIMといったSIMカードのサイズも、利用予定のスマートフォンに対応しているものを選択します。データ通信のみのSIMを契約する場合には、基本的には上記の内容を登録するだけで、申込手続きは完了となります。家電量販店などで発売されているSIMカードを購入して利用する場合には、氏名・住所も必要なく、決済方法を登録するだけで通信可能になる場合もあります。

一方で、音声電話契約のあるSIMの場合には、法律によって義務付けられている「本人確認手続き」が必要になります。この「本人確認手続き」も、それほどややこしいものではなく、運転免許証や健康保険証などの身分証明書をスマートフォンのカメラなどで撮影し、契約手続きの際にその画像ファイルをアップロードするだけです。

このように、音声電話契約の有無に関わらず、基本的に申込手続きはインターネット上で完結するのです。

MNPをする場合の手続きも簡単

single_16

MNP予約番号の取得

すでに持っているスマートフォンの電話番号を引き継ぐために、大手キャリアからMNPでMVNOに転入したい場合には、気を付けるポイントがあります。それは、実際に新たなSIMの契約をはじめる前に、今まで使っていたキャリアで「MNP予約番号」という引き継ぎのための番号を取得する、という点です。

MNPの場合は、SIMの申し込み手続きと同時に、MNP転入の手続きも行います。そのため、SIMを申し込む時点で、MNP予約番号が手元に用意されている必要があります。「MNP予約番号」は、転出予定の携帯電話会社のコールセンターやショップ・インターネットなっで発行してもらえます。MNP予約番号を取得した上で、これから利用したいSIMの契約をはじめるようにしてください。

MNP予約番号の有効期限に注意

MNP予約番号は、15日間使わないと有効期限切れとなってしまいます。MVNOによっては、「有効期限まで何日以上残っているMNP予約番号が必要」といった形で、MNP予約番号の残日数に指定を設けている場合もあるため、MNP予約番号を取得したら、早めにMNP転入の手続きをするようにしましょう。

店頭でMNPを受け付けている会社も

大手キャリアのように、家電量販店などの店頭に独自のブースなどを設けて、そこでMNP手続きを受け付けているMVNOもあります。店頭でMNPを行うと、スタッフから説明を受けながら契約を進めることができるため、特にインターネットで自分で手続を行うのが面倒だと感じる方には有効な選択肢の一つです。

ただし、すべてのMVNOが店頭でのMNP手続きに対応しているわけではないため、あらかじめWebサイトなどで確認した上で、実際に行ってみることをおすすめします。


linemobile

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る