オススメ格安SIMランキング2017

当サイトでは巷で話題の格安SIM・格安スマホの情報をお届けしています。大手キャリアとMVNOの違いを、料金・通信速度・通信容量制限や通信エリアなどの項目で比較。携帯料金がとにかく安くなるということで人気を集める格安スマホですが、SIMフリー端末って何?MNPって聞いたことないけど、現在の電話番号は変わっちゃうの?通信速度遅いんじゃないの?など、実際に乗り換えるとなると月額料金の安さだけでは片付かない不安も大きいはず。
また、お仕事で使う方でwifiルータと2台持ちというケースではテザリング機能などを使い端末をまとめることができるのか、海外によく行かれる方はSIMフリー端末を持っていれば海外での通信料金をどのように削減できるのかなど、少しマニアックなところまで格安スマホ・SIMに関するあらゆる情報をまとめていきます。

最新!格安SIMの申込み数ランキング

  • mineo(マイネオ)

    回線も選択可能!当サイト人気No.1の格安SIM
    mineoはサポートが充実しており、困ったことがあった際は公式サイトなどからすぐに質問することができます。そのため、格安SIMをこれまで契約したことがなく、これから始めようと思っている方にオススメです。
    また、データ容量を節約してできるだけ毎月の使用料金を抑えたいという方にも、そのためのサービスが充実しているためmineoのSIMを選ぶことをオススメします。
    格安SIM mineo(マイネオ)
    月額費用 700円〜
    契約事務手数料 3,000円
    使用回線 docomo・au
    音声通話プラン あり
  • BIGLOBE SIM

    6GB以上のプランならサービス内容が豊富!
    データSIMプラン、音声通話SIMプラン両方とも6GB以上のプランはサービスが多いですので、容量が多いプランにしたい方はBIGLOBE SIMをお勧めします。特にシェアSIMは家族の通信量を節約することができますので、家族で申し込む方にお勧めです。
    また、BIGLOBE電話を申し込むと通話料金を節約することができますので、たくさん通話する方にもお勧めです。
    格安SIM BIGLOBE SIM
    月額費用 900円~
    契約事務手数料 3,000円
    使用回線 docomo
    音声通話プラン あり
  • TSUTAYA TONE

    シンプル重視の方には絶対オススメ!
    SIMカードを差し替えるだけで端末を変更できるSIMスマホにもいろいろありますが、その中でもTSUTAYAのスマホ TONEは、子供からお年寄りまで家族がみんなで使えるわかりやすいシステムと料金設定に加えてアフターケアが充実です。
    スマホの操作がわからないときも無料でサポートしてくれますから、子供やお年寄りがいる家庭には特にオススメです。
    格安SIM TSUTAYA TONE
    月額費用 1,000円〜
    契約事務手数料 3,000円
    使用回線 docomo
    音声通話プラン あり
  • OCN モバイルONE

    大手ならではの品質で安心感は抜群。
    大手キャリアから格安SIMに乗り換える際の通信不能期間の存在が不安である方には、OCNモバイルONEがオススメです。
    また、毎日の通信量がだいたい決まっている方や、大手キャリアやMVNOを問わず、月の初めに速度制限がかかってしまい、月末までの間速度制限がかかって苦労したという経験が何度もある方にもOCNモバイルONEのSIMの契約をオススメします。
    格安SIM OCN モバイルONE
    月額費用 900円~
    契約事務手数料 3,000円
    使用回線 docomo
    音声通話プラン あり
  • UQ mobile

    KDDIの安心感。データ無制限プランもあり!
    UQモバイルのSIMカードはauのスマートフォンに対応しているため、現在auを利用していてこれから格安SIMに乗り換えたいという方にオススメです。
    また、SIMフリーの端末とセットで申し込むことも可能であるため、スマートフォンを始めて利用する方やガラケーとの2台持ちを考えている方にもUQモバイルがオススメです。
    格安SIM UQ mobile
    月額費用 980円~
    契約事務手数料 3,000円
    使用回線 au
    音声通話プラン あり