失敗なし!mineo料金プランの正しい選び方と抑えるべき2つの事

失敗なし!mineo料金プランの正しい選び方と抑えるべき2つの事

スマホを片手に持っている女性

1月18日まで!毎月900円割引キャンペーン

mineoの料金プランはA/Dの2つ!まずは基本プランを選ぼう

関西電力グループの会社であるケイ・オプティコムが手がけているmineoは2回線利用可能なMVNOです。

ドコモ回線を使用しているDプランとau回線のAプランを選んで契約できます。
ドコモを契約しているならDプラン、auならAプランに乗り換えれば、今使っているスマートフォンをそのままmineoでも利用できる場合があります。

まずは、mineoを契約する際に選ぶDプラン・Aプランの詳細について解説します。ドコモ端末・SIMフリー端末の人はDプラン

mineoDプランでは、ドコモから借りた回線帯域を使用しています。
現在ドコモを契約しているなどしてドコモ端末を持っている人やSIMフリー端末でmineoを利用する予定の人は、Dプランを選びましょう。
mineoのDプランはドコモ回線を利用しているため、ドコモのSIMロック(ドコモ回線のSIMカードでしか通信・通話ができない制限)がかかっているスマートフォンをそのまま利用できます。
また家電量販店で購入したり、mineo契約時にセット購入したりできるSIMフリー端末でmineoを利用したい場合も、Dプランを選べます。

au端末・SIMフリー端末の人はAプラン

mineoAプランは、auから借りた回線帯域を使用しているのが特徴です。
現在auを契約しているなどの理由でauスマホを持っている人や、mineo契約時にAプランに対応したSIMフリー端末を購入する予定の人は、Aプランの契約がオススメです。
ただしauの高品質な通話ができる規格「au VoLTE」に対応しているau端末をmineoAプランで使用する場合は、「SIMロック」を解除したうえでmineo契約時に「au VoLTE」対応のSIMカードを契約しなければいけないことに注意しましょう。

1月18日まで!毎月900円割引キャンペーン

1分でわかる!mineoAプランとDプランの違いとは

mineoのAプランとDプランには、回線帯域を借りている相手の違い以外にもいくつか細かい仕様違いがあります。
まず挙げられるのは、音声通話に対応したSIMカード(デュアルタイプ)を契約する場合月額料金はDプランの方が90円高くなることです。
つまり支払う月額料金を安く抑えたい場合、手持ちの端末や購入予定の端末がAプランに対応しているなら、Aプランを選んだ方がお得ですね。

そしてSMSの送受信に対応したデータ通信専用SIMカード(シングルタイプ)を契約する場合も、DプランだとSMSの月額基本料金が120円かかるため、その分月額料金が上がります。
月額料金面では、全体的にAプランの方が有利になることがわかりますね。しかし反対に、Dプランの方が有利な面もあります。
スマートフォンをモバイルルーターのように使い、他のWi-Fi対応端末をネットに繋げられる「テザリング」において、mineoDプランは有利です。

mineoのAプランではiPhoneの6sや7、さらにそれ以外のiPhone・iPadも含めてテザリング機能を使えません。
しかしDプランでは、動作確認が行われているiPhoneやiPadなら全ての機種でテザリングを利用できます。
iPhoneやiPadでテザリング機能を活用したいなら、mineoのDプランを契約するのが良いでしょう。

1月18日まで!毎月900円割引キャンペーン

次に090音声通話のあり・なしを選ぼう

mineo契約時に選べるSIMカードの「タイプ」には、電話機能がないデータ通信(ネット)のみに対応した「シングルタイプ」と音声通話ができて電話番号の引き継ぎも可能な「デュアルタイプ」の2種類があります。
ここからは、用途・目的に合わせてどちらのタイプを選ぶべきかを詳しく解説します。

データ通信のみ!通話がLINE等のアプリで充分な人はシングルタイプ

mineoのシングルタイプは、データ通信のみに対応しているため、電話回線を使用しての音声通話ができません。
シングルタイプには音声通話機能がないため、Dプランなら通話可能なデュアルタイプよりも700円、Aプランなら610円ほど月額料金が安く抑えられます。

ただしAプランなら標準で電話番号宛に文字のメッセージを送れるSMSを利用可能、Dプランも契約時にSMS対応のSIMカードを選択することで、SMSは利用可能になります。
また音声通話自体は、LINEやSkypeなどの通話アプリを利用すれば可能です。利用できないのは、あくまで電話回線を使用した音声通話に限られます。
mineoのSIMカードを入れた端末で音声通話をする機会が一切ない、あるいは電話はLINEやSkypeといったアプリでしかしないなら、シングルタイプを選んでも良いでしょう。

今使っている電話番号をそのまま使いたい人はデュアルタイプ

電話回線を使用した音声通話をする機会がある、また今使っている電話番号をmineoでもそのまま使いたい人には、デュアルタイプがオススメです。
デュアルタイプならAプラン・Dプラン共に、データ通信、SMS、音声通話の全ての機能を問題なく利用可能です。
月額料金はシングルタイプより610〜700円高額になりますが、電話回線を使用して安定した通話ができることがデュアルタイプのメリットですね。

1月18日まで!毎月900円割引キャンペーン

最後にプランのデータ容量を選ぼう

プランやタイプを選んだら、最後に毎月使用するデータ容量を選択しましょう。
mineoで選べるデータ容量には、500MBから30GBまでの幅広いラインナップが取り揃えられています。
スマートフォンの「設定」アプリなどから、今使っている携帯会社において1ヶ月ごとにどれくらいの通信量を使っているかを確認してみて、それに合わせて容量を決めるのがオススメです。

またデータ容量選択の目安としては、

  • 用途は通話やメール・LINE程度で、ほとんどスマホを使わないなら500MB、1GB
  • LINEやInstagramなど各種SNSを毎日利用するなら3、6GB
  • スマホで動画を見たり、ゲームなどアプリをダウンロードして利用することが多いなら10、20GB
  • スマホからのテザリングで、自宅のPCやタブレットなどもネットに毎日繋げるなら30GB

このようになりますね。スマホをどんなことに使っているか振り返ってみて、データ容量を選びましょう。

mineoのプラン変更方法と抑えておくべき2つのこと

mineoでは一度プランやタイプ、データ容量を決めた後で、いつでもそれらを変更することができます。AプランとDプランで変更を行うことも、問題なく可能です。
プラン変更には手数料として、2,160円がかかります。そしてプラン変更はmineoの店舗やネットのマイページから行えます。
mineoのプラン変更を行える店舗は限られているため、混雑しやすかったりそもそも自宅付近になかったりと不便な面もあります。オススメは、いつでも手続きができるネットです。
ここからは、mineoにおけるネットでのプラン変更手続きについて解説します。

mnpもOK!mineoのプラン変更方法

mineoのプラン変更を行うには、まずmineoの公式サイトからマイページにログインします。
契約時に発行したeoIDとパスワードを入れてログインすると、「ご契約サービスの変更」の項目に「プラン変更」の項目があります。
プラン変更時には新しく端末を購入したり、シングルタイプかデュアルタイプを選んだりすることも可能です。希望に合わせて選択しましょう。

データ容量の変更も無料でできる

mineoでは、データ容量の変更も毎月無料で行えます。
こちらもmineoのマイページを開き、「ご契約サービスの変更」で「基本データ容量変更」を選択すればすぐに手続きを行えます。
ただしデータ容量の変更が反映されるのは翌月の1日で、その場で反映されるわけではないことには注意が必要です。

プランを変更してもデータ容量は繰越できる

mineoでは、プラン変更後もデータ容量を繰越することができます。
またデータ容量を変更した場合でも、先月に余ったデータ容量は翌月に繰り越されるのでご安心ください。

1月18日まで!毎月900円割引キャンペーン

まとめ

今回は、mineoで契約するプラン・タイプ・データ容量などの選び方やプラン変更の流れについて解説しました。
mineoは契約できるプランやデータ容量の選択肢が豊富で、ユーザーにとって使いやすくなっていることが魅力です。
今回の記事を参考に、mineo契約時に選ぶプランなどを検討してみてくださいね。


最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る