MVNOでiPhone7は使える?セット販売やテザリングなど契約前の確認点3つ

MVNOでiPhone7は使える?セット販売やテザリングなど契約前の確認点3つ

20代後半の女性

MVNOでiPhone7を使いたい!対応可能なMVNOを紹介

iPhone7はiPhoneシリーズの最新機種となっており、多くの人が「利用したい」と感じている人気の端末です。
そこで、今回はiPhone7で使えるMVNOを紹介していきます。
この記事を参考にしてiPhone7をMVNOを駆使してお得に活用していきましょう。

MVNOでiPhone7を使うならSIMフリーがおすすめ

まず、iPhone7に対応しているMVNOについてでですが、あまり多くないというのが現状です。
iPhone7は最新機種のため、動作確認が取れているMVNOが少ないのです。
その環境の中でiPhone7をMVNOで活用するのであれば、SIMフリー版のiPhone7を活用することをオススメします。
SIMフリー端末とは、大手キャリア等によるSIMロックがされておらずどのキャリア、MVNOでも自由に利用することの出来る端末をいいます。
SIMフリー版iPhone7であれば動作確認が取れているMVNOが多いため、MVNOでiPhone7を活用するのであれば、大手キャリアではなく、appleストア等でSIMフリー版のiPhone7を購入するようにしましょう。

キャリアのiPhone7に対応しているMVNO

キャリアでiPhone7を購入した場合、有料でSIMロックを解除しなければiPhone7をSIMフリー化することは出来ません。
ですが、SIMロック解除無しでもiPhone7を活用できるオススメのMVNOがありますので、それらをご紹介していきます。
まず、ドコモ版のiPhone7は楽天モバイル、LINEモバイルで使用することが可能です。
楽天モバイルは通話とデータ通信(データ容量3.1GBから)を月々最安¥1,600から活用することの出来るMVNOで追加料金が発生しますが、MVNOの中ではほとんどない無制限のかけ放題サービスを提供していることが特徴のMVNOです。
LINEモバイルは通話とデータ通信(データ容量1GBから)を月々最安¥1,200から利用可能で、LINEサービスを通信容量に関係なく使えるカウントフリーサービスが話題を呼んでいます。
また、au版のiPhone7ではmineoを使用することが可能です。
mineoは通話とデータ通信(データ容量500MBから)を月々最安¥1,310から利用可能で、誰かに自分の余ったパケットをプレゼント出来る「パケットギフト」や全ユーザーでパケットを共有する「フリータンク」等、パケットをお得に使える多彩なサービスを提供しています。
確かにキャリアで購入したiPhone7では利用できるMVNOの幅は狭まりますが、上記の様にSIMロックを解除せずとも利用できるMVNOは存在しますので、キャリアでiPhone7を購入した方も諦めずにMVNOの利用を検討してみるとよいでしょう。

iPhone7でMVNOを利用してもテザリングは使える?

iPhone7をMVNOで利用する際、テザリングは利用可能となっています。ただし、どのMVNOでも利用可能という訳ではありません。
利用するMVNOによってテザリングが出来るかどうか、変わっていきますのでそういった点にも注意しながら自分に合ったMVNOを選択していきましょう。

テザリングはオプションなしの無料利用!

通常、大手キャリアでテザリングを行う場合は有料のオプションプランとなっており、¥500の月額利用料がかかります。
ですが、MVNOでテザリングを行う場合はなんと無料で利用することが出来るのです。
ただし、前項でもご紹介した通り、iPhone7でテザリングを使えるMVNOと使えないMVNOがあるので、ホームページ等でしっかりと確認した上で利用するMVNOを決める必要があります。

iPhone7でテザリングが使えるMVNOを紹介

続いて現在、iPhone7でテザリングを利用することの出来るMVNOをご紹介していきます。
現状ではmineo、楽天モバイル、BIGLOBESIMの3社にてテザリングの利用が可能です。
ただし、SIMフリー版、キャリア版、全てのiPhone7が使えるという訳ではなく、MVNOによって対応機種が限定されています。各MVNOそれぞれの対応表を以下に載せますので、手持ちのiPhone7がどのMVNOに対応しているのか、ご確認ください。

○SIMフリー版、キャリア版 iPhone7 テザリング対応表

SIMフリー版

ドコモ版

au版

ソフトバンク版

mineo

楽天モバイル

BIGLOBESIM

上記対応表を見ると、SIMフリー版、ドコモ版であれば基本的にテザリングを使えることがわかります。
au版、ソフトバンク版のiPhone7の場合はSIMロックを解除しない限り、テザリングを使うことが出来ないため注意しましょう。

MVNOでもiPhone7のセット販売はしてる?

MVNOでiPhone7のセット販売を行っていれば良いのですが、残念ながら現状ではそういったセット販売は行われておりません。iPhone7と同等の機能を持ったandroidのセット販売は行われていますが、iPhone7をMVNOで使うためには別途購入をする必要があるため注意が必要です。

セット販売会社はなし!appleストア、中古で購入がおすすめ

前項でも説明したとおり、iPhone7はMVNOにてセット販売されておりません。
iPhone7をMVNOで利用する際は、appleストアや中古でiPhone7を購入することをオススメします。
ただし中古購入の場合、SIMロックが解除されていないキャリア版のiPhone7も販売されているため注意が必要です。
appleストアであれば確実にSIMフリー版のiPhone7を手に入れることが出来るため、中古品と比べ値段は高いですがappleストアでiPhone7を購入することが理想的でしょう。

実はiPhoneの方が損!iPhone7購入よりも賢くMVNOを利用する方法

実はコスト的に考えるとiPhone7を新しく購入してMVNOを利用するよりもiPhone7と同程度のスペックを持ったandroid端末をセット購入したほうがお得にMVNOを活用することが出来ます。
現状で、一番オススメのセット購出来るandroid端末は「Huawei P10 lite」です。
この機種はUQモバイルでセット購入が可能で、最安月¥2,678で利用することが出来ます。
「Huawei P10 lite」は高性能CPUを搭載しかつ大容量バッテリー、急速充電機能を備えた高機能androidです。
「Huawei P10 lite」にはナックルジェスチャーという便利な機能があり、指の関節で画面をタッチすることでスクリーンショットなどの機能を手軽に呼び出すことが出来ます。
このような高機能端末もセット販売されているため、iPhone7に固執せずにこういった選択肢も確認していくとよいでしょう。


uqmobile

まとめ

iPhone7をMVNOで使いこなすためには所持している、あるいは購入予定のiPhone7のキャリアやSIMフリーかどうか等を確認した上で自分に合ったMVNOを選択する必要があります。
また、iPhone7に固執せずともMVNOにてセット販売されているandroid端末の中にも高機能な端末があるため、MVNOを利用する際にそういった選択肢も考慮に入れると尚、便利にMVNOを使うことが出来ると思います。
MVNOに切り替えることによって、非常にお得に便利なスマートフォンを使うことが出来ます。
みなさんもこちらの記事を参考にしてよりお得なスマホライフを送りましょう。


最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る