楽天モバイルでテザリングできる?料金から設定方法まで確認項目3つ

楽天モバイルでテザリングできる?料金から設定方法まで確認項目3つ

20代女性がスマホを持っている


rakutenmobile

楽天モバイルでテザリングは可能!対応機種を解説

スマホにMVNO(格安SIM)を挿して、パソコンやタブレット端末を安くデータ通信する人が増えています。
スマホをモバイルルータ(親機)代わりにできる「テザリング機能」を使えば、手持ちのデバイス(子機)を増やすこと無くどこでも快適に通信できるので、活用している人は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、人気のMVNO・楽天モバイルを使ったテザリング方法と、対応機種について解説していきます。

【楽天モバイル】3種類のテザリング方法をチェック

楽天モバイルを使ったテザリング方法には、大きく3通りあります。
・WiFiテザリング
・Bluetoothテザリング
・USBテザリング

WiFiテザリング
最も一般的な接続方法が、このWiFi接続になります。
スマホを親機にして、そこに複数のデバイスを接続することができます。
とても簡単に使える反面、WiFiテザリングは電池消耗が大きくなると言われていますので、バッテリー消費には注意が必要です。

Bluetoothテザリング
近距離通信が行える規格「Bluetooth」を使ったテザリング方法です。
こちらも無線接続ができて、スマホのテザリング機能を起動したらそのままバッグの中に入れても使うことができます。
Bluetoothテザリングは1台のデバイスのみと接続することができます。
複数台接続できるWiFiテザリングと大きく異なるポイントですが、1台しかつながらないので、他人が勝手に使う(相乗りしてくる)心配がなく、セキュリティー面では安心できそうです。

USBテザリング
スマホとパソコンをUSBケーブルで接続して行うテザリング方法です。
WiFi・Bluetoothテザリングと違い有線接続になりますので、通信速度が速くて安定している点が特徴になります。
また、USBケーブルの種類やスマホの機種によっては、充電しながらテザリングすることも可能です。
ただし、長時間使用しているとスマホ本体が熱くなることがありますので、注意しながら使いましょう。

楽天モバイルでテザリング可能なiPhone一覧

楽天モバイルでテザリングできるスマホには、人気のiPhoneも含まれています。
ただし、どの機種でもテザリングできるわけではありません。

機種名
対応するテザリング方法
対応する購入キャリア
iPhone7
WiFi/Bluetooth/USB
SIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク
iPhone6s
WiFi/Bluetooth/USB
SIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク
iPhoneSE
WiFi/Bluetooth/USB
SIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク
iPhone6
WiFi/Bluetooth/USB
SIMフリー・ドコモ
iPhone5s
WiFi/Bluetooth/USB
SIMフリー・ドコモ

iPhoneは3つのテザリング方法すべてに対応しています。
そして、楽天モバイルがドコモ回線を使ったMVNOなので、大手キャリアの中で唯一ドコモだけが全てのiPhoneでテザリングすることができます。

一方、au・ソフトバンクでiPhone7・iPhone6s・iPhoneSEを購入された場合は、他社回線で利用できるようにする「SIMロック解除」が必要になります。
SIMロック解除したiPhoneでテザリングする場合、楽天モバイルでテザリングできるという動作確認が取れていないので、一度使用できるか確認したほうがいいでしょう。

また、au・ソフトバンク版iPhoneでは、iPhone6以前の機種は「SIMロック解除」が出来ないため、ドコモ回線の楽天モバイルは使うことができません。


rakutenmobile

Androidでテザリングを利用するならSIMフリー版かをチェック

楽天モバイルは、Androidスマホでもテザリングすることができます。
ただし、大手キャリア取り扱い端末は楽天モバイルでの動作確認がとれていないため、確実に使えるという保証がなくおすすめできません。
また、楽天モバイルはドコモ回線を使ったMVNOですが、ドコモのAndroidスマホには接続先を強制的にドコモにする設定がされているため、例えSIMロック解除をしたとしてもテザリングができない設定になっています。

以上のことを踏まえて、楽天モバイルで動作確認が取れている端末は全てSIMフリー版になりますので、Androidスマホを使いたい場合は購入を検討しましょう。
楽天モバイルではSIMカード+スマホのセット購入も行っていますので、こちらで購入するのがおすすめです。

ここでは、現在販売されているセット端末の一部をご紹介します。

機種名
分割購入金額
(通話SIMの場合)
端末の特徴
Zenfone3
1,161円(税込)+分割手数料/月×24回
SIMが2枚挿さる(デュアルSIM)、ガラスボディ、高性能カメラ、高音質ハイレゾ再生、指紋センサー
honor8
1,206円(税込)+分割手数料/月×24回
ダブルレンズカメラ、ガラスボディ、指紋センサー
Huawei P10 lite
1,349円(税込)+分割手数料/月×24回
※初回のみ1,351円
高性能カメラ、指紋センサー

他にも有名なスマホ「Xperia」「Galaxy」シリーズや、Androidタブレット「Nexus5」などで楽天モバイルを使えるものもありますが、セット販売はされていません。

楽天モバイルでテザリングは有料?に気になる料金を解説

大手キャリアでテザリングをする場合、月額500円ほどですが別途オプション料金が発生します。
それに対して、楽天モバイルではテザリングするための別途オプション料金はかかりません。
契約するプランの月額料金の範囲内でテザリングを使うことができます。
ここでは、料金プランについて説明します。

楽天モバイルのテザリングは無料!申し込みも必要なし

楽天モバイルでは、テザリングは無料で使うことができます。
大手キャリアと違い、料金プランで切り分けられていることもなく、使ったからといって有料になったり、あとから追加料金がかかることもありません。
オプションなどをつける必要もなくて、いつでも使える状態になっています。

楽天モバイルでテザリングを利用する際の注意点

楽天モバイルでテザリングする場合、3つのポイントに気をつけてください。
・ドコモの端末はテザリングが使えない(iPhoneは除く)
・データ容量の消費が早い
・バッテリーの消費が早い

・ドコモの端末はテザリングが使えない(iPhoneは除く)
ドコモの端末に楽天モバイルを挿して使う場合、Androidスマホではテザリングが使えません。
先程も申し上げた通り、楽天モバイル自体はドコモ回線を使ったMVNOですが、ドコモのAndroidスマホには接続先を強制的にドコモにする設定がされています。
例えSIMロック解除をしたとしても、テザリングができない設定になっています。
これはAndroidスマホに限った話なので、iPhoneの場合は影響がありません。

・データ容量の消費が早い
テザリングを使うと、契約しているデータ容量の消費が早くなります。
特にパソコンはデータ消費が大きいので、あっという間にデータ容量が無くなって、気が付いたときには通信制限がかかっていたという事態が起こることも考えられます。
もし頻繁にテザリングを使うようでしたら、大きめの容量プランを契約しましょう。

・バッテリーの消費が早い
テザリングはスマホのバッテリーを消費します。
具体的にどれくらい早いのかは端末ごとのバッテリー容量に左右されますし、通信状態によっても変わってきます。
もし長時間に渡ってテザリングを使う場合は、カフェなどで充電しながら使うか、またはモバイルバッテリーを持ち歩くなどして対策する必要があります。


rakutenmobile

楽天モバイルのテザリング設定方法を解説

ここからは、楽天モバイルでテザリングするときに必要な設定方法について解説します。
MVNOでは「APN」という接続先の設定が必要になりますが、楽天モバイルでテザリングを使う場合は予めこの設定をしておくことが前提になります。
テザリング設定のやり方はiPhoneとAndroidで異なりますので、それぞれ分けて解説します。

iPhoneの設定方法

まずはiPhoneでの設定方法です。
楽天モバイルを使ったテザリングの方法について、詳しくは公式サイトに掲載されていますが、ここではフローチャート形式でご説明します。

【iPhoneの設定方法】
1,「設定」をタップ

2,「モバイルデータ通信」をタップ

3,「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップ

4,「インターネット共有」の欄にAPN情報を設定する

5,「戻る」をタップ

6,「モバイルデータ通信」の画面の下にある「インターネット共有」をタップ

7,「インターネット共有」をタップして「インターネット共有」をON

8,表示される端末名・WiFiパスワードを接続したいデバイス(子機)に設定する

9,使用開始

Androidの設定方法

Androidスマホでのテザリング設定方法は以下のとおりです。
iPhoneの場合と同様に、楽天モバイルの公式サイト上に掲載されていますが、ここではフローチャートにまとめました。

【Androidの設定方法】
1,「設定」をタップ

2,「モバイルネットワーク」をタップ

3,「アクセスポイント名」をタップ

4,「メニュー」から「新しいAPN」をタップ

5,APN情報を入力して保存

6,「アクセスポイント名」に戻ってAPNを選択する

7,「設定」に戻って「テザリングとポータブルアクセス」をタップ

8,「WiFiアクセスポイントを設定」をタップしてネットワーク名とパスワードを確認

9,表示される端末名・WiFiパスワードを接続したいデバイス(子機)に設定する

10,使用開始

まとめ

いかがでしたでしょうか?
大手キャリアと違い、楽天モバイルのテザリングはオプション契約など不要で、すぐに使い始めることができます。
楽天モバイルに対応していることが前提ですが、条件さえ整っていればお手元のスマホをそのまま使えます。
端末を増やさなくていいし、余計な出費をすることなく使い始めらるのは魅力的ですよね。
万が一対応端末を持っていなくても、セット端末を購入すればお得に使い始められます。
興味を持たれた方はぜひチェックしてみてください。


rakutenmobile


最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る