auからUQモバイルに乗り換え|違約金やMNP方法など超重要な5つのこと

auからUQモバイルに乗り換え|違約金やMNP方法など超重要な5つのこと

auからUQモバイルに乗り換えた女性

今の携帯料金高すぎるんだよなぁ
auの解約で違約金とか掛かるよね?

auからUQモバイルへ乗り換えたい場合、少しだけ手間がかかります。
時間は約30分です。

しかし考えてみてください。
たった30分程度の作業だけで、年間6万の節約が可能なんです!
(当たり前と感じてしまうauの料金って本当に高いんですよね…)

この記事では、auからUQモバイルへ乗り換えを検討している方へ、乗り換えにまつわる超重要なことと、実際の乗り換え方法をお伝えします。

~auからUQモバイルに乗り換えて、こんな願望が叶いました~

年間5万円の貯金増額に成功(30代男性)
趣味に費やすお金が増えました(20代男性)
UQモバイルへの乗り換えがきっかけで、他の固定費も見直しました(30代主婦)

今なら!SIM購入で商品券3,000円プレゼント
uqmobile

auからUQモバイルへ乗り換える際の超重要な5つのこと

20代女性

ここではauからau系格安SIMのUQモバイルに乗り換える際の、重要なことをお伝えします。
順にチェックしていきましょう。

1.まずは動作確認端末一覧で自分が持っている端末が使えるか確認

UQモバイルへの乗り換えを決めたら、まずは手持ちの端末がUQモバイルで使えるかどうかを忘れずに確認します。

UQモバイルの公式サイトにある、「動作確認端末一覧」で確認しましょう。
「動作確認端末」とは、UQモバイルで一通りの動作が確認された端末のことです。

《動作確認の5項目》

  1. データ通信
  2. 通話
  3. SMS
  4. メール(有料で契約できるキャリアメールサービスでの送受信)
  5. テザリング

合わせて動作確認を行った最新OSと、UQモバイル契約時に選ぶべきSIMカードの種類も記載されています。
→公式サイトで動作確認端末を確認する

もしも手持ちの端末がUQモバイルで利用できない場合は、契約時に新しいスマートフォンをUQモバイルで購入すれば大丈夫です。
→UQモバイルでおすすめの機種はこちら

2.UQモバイルで使用できるau版iPhoneはこの6つ

UQモバイルでは、auの全てのiPhoneを使えるわけではありません。

UQモバイルでの利用に対応するau版iPhoneの型番やSMS・MMS(UQモバイルで利用できるメールアドレス)、テザリングの利用可否を表にまとめました。

対応するiPhone SMS・MMSの使用可否 テザリング対応
iPhone 5s
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE

表に記載が無いiPhone5以前の端末やiPhone7以降の端末では、動作確認が行われておらず、通話やメール、テザリングなどの動作に対する保証はありません。

UQモバイルでau版iPhoneを確実に使いたい場合は、動作確認が行われているiPhoneを使用しましょう。
iPhone7についての詳細はこちら

3.料金はトータルいくらかかる?違約金(解約金)発生に注意

乗り換えの費用は、一人ひとりの状況によって異なります。
下記表を参考にしてください。

UQモバイルへの乗り換え~状況別合計料金表~

状況 更新月以外 更新月
番号そのまま(MNP)
15,500円
6,000円
新規
12,500円
3,000円

※全てのパターンにUQモバイルで必要なSIMパッケージ料金3,000円を加算しています
※税抜きで記載

「MNPなしの新規契約×契約解除料なし」で乗り換えるなら、3,000円でUQモバイルを契約することもできます!

その他の場合は、一見高いように見えますが、auとの差額料金(平均3,000円)を考慮すると、契約解除料を支払ってでも今すぐ乗り換えた方が安いです。

詳細を説明します。

《全員に掛かる料金》

  • UQモバイルでのSIMパッケージ代金 3.000円

※事務手数料/MNP転入料は一切かかりません。

《auでの契約解除料が掛かる場合》

  • 更新月以外の契約解除で9,500円

auの近年のプランでは、2年更新が定められていません。
しかし、以下の場合は契約プランに縛りがあるため、ご自身でご確認ください。

  • 2年契約の「誰でも割」プランの場合
  • 以前1年契約のプランを選択し、2年契約に変更をしていない場合
  • 端末代割引の条件に、契約年数の縛りがある場合

※ただし、auの加入年数が11年目以降で「2年契約(誰でも割)」と「家族割」の両方に加入している場合は契約解除料は3,000円

この他にも契約解除料がかかるキャンペーンやプランがあるかもしれないので、
ご自身で確認しましょう。

auからUQモバイルへ番号そのまま(MNP)で乗り換える場合

  • auにてMNP転出手数料3,000円

番号そのままで乗り換える場合は、必ずauにて「MNP転出手数料」がかかります。

4.mnpの場合はauで予約番号取得せよ

予約番号をメモしている写真

auからUQモバイルに電話番号をそのままで乗り換えたい場合は、「MNP」という手続きが必要です。

その際「MNP予約番号」というものを取得し、UQモバイルでの申し込みの際、申告しなければいけません。
MNP予約番号は、以下の方法で手に入れることができます。

  • 0077-75470への電話(9時~20時まで)
  • auショップ
  • EZweb auケータイ フィーチャーフォンの場合のみ(9時~21時半まで)

電話ならauショップに行く手間がかかりません。
時間がない場合は電話で、すぐ近くにauショップがあるならauショップでMNP予約番号を手に入れましょう。

※後程詳しく説明します

5.au端末をSIMロック解除をせよ

auで販売されている端末の中で、高音質な通話ができる「VoLTE」に対応している端末は、SIMロックを解除しUQモバイルを「マルチSIM」で契約しなければいけない決まりとなっています。

動作確認端末一覧にはSIMロック解除が必要かどうかも記載されているので、チェックしましょう。

もし手持ちの端末がSIMロック解除必須の場合は、auのウェブサイト「My au」やauショップでSIMロック解除の手続きをすれば、UQモバイルで使えるようになります。
※後程詳しく説明しています

今なら!SIM購入で商品券3,000円プレゼント
uqmobile

auからUQモバイルへの乗り換え方法5ステップ

auからUQモバイルへの乗り換え方法5ステップ

auからUQモバイルへの乗り換えは、手順をしっかり理解しておけば簡単です。

※ここでは「端末はそのまま」でauからUQモバイルへ乗り換える方法を詳しく解説するので、参考にしてみてください。

1.auでMNP予約番号の取得(MNPで乗り換えの場合のみ)

電話番号をそのままで乗り換える場合、まずはauでMNP予約番号を取得しましょう。
1番早いのは9時から20時の間に「0077-75470」に電話をかける方法です。
必ず契約者の方がかけてください。

電話をかけると以下の内容を聞かれます。

  • 電話番号
  • 契約者名
  • 暗証番号

この他にも新規プランの説明や違約金の話を持ち出され引き留められることもありますが、ここで立ち止まってしまうと乗り換えられません。
しっかり意志を伝えましょう。

オペレーターとのやりとりの後に電話で伝えられた「MNP予約番号」「有効期限」をしっかりメモしたら、いよいよUQモバイルの申し込みです。

2.UQモバイルに申し込み

下のボタンを押すと、UQモバイル公式サイトにとびます。


端末のセット購入の有無や契約するプラン・SIMカードを選択してから、住所や氏名、支払い方法などを入力していきましょう。

あとは申し込み後にメールが届くので、そのメールの案内に従って運転免許証などの本人確認書類の画像をアップロードすれば申し込み手続きは完了です。

3.SIMカード到着

最短で申し込みの翌日以降に発送され、自宅にSIMカードが届きます。
(私の経験では、発送して2日で届きました)

SIMカードが届いたら、手続きを進めていきましょう。

4.auでSIMロック解除

auからUQモバイルに回線を切り替えたらそのタイミングでauは解約になります。

手持ちの端末をUQモバイルで使うにあたり、SIMロック解除が必要な場合は、忘れずに行いましょう。

auのWebサイト「My au」やauショップでSIMロックを解除できます。
Webサイト上での手続きならその場ですぐに行えるので、おすすめはWebサイトからの手続きです。

5.au→UQモバイルに回線切り替え

最後に回線切り替えを行いましょう。

「my UQ mobile」というポータブルサイトにログインすると回線切り替えができます。
しばらく経てば切替が行われ、新しいSIMカードが使えるようになります。

あとは端末にSIMカードを入れて、必要であれば「APN設定」と「プロファイルダウンロード」を行いましょう。

ただしこれらの作業は端末によって不要なこともあります。
必要かどうかは、動作確認端末一覧の「APN手順書」の欄をご覧ください。

UQモバイル公式サイトの動作確認端末一覧

《APN設定が必要な方》
UQモバイル公式サイトの「お客様サポート」内にある「iOS製品の設定方法」より、自分の端末に合った設定ファイルをダウンロードしてインストールすればOKです。

Android端末なら設定アプリから「APN設定」を行えば、UQモバイルのSIMで通信・通話が可能になります。

設定アプリの「無線とネットワーク」という項目の「その他」に「アクセスポイント」の項目があるので、そこから追加を行います。設定項目は以下の通りです。

代表的な設定項目名 設定値
APN名、アクセスポイント名
uqmobile.jp
APN、APN設定
uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名
uq@uqmobile.jp
Password、パスワード
uq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ
CHAP
APNプロトコル
IPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプ
default,mms,supl,hipri,dun

なお、項目名が若干異なる場合もあります。

UQモバイル公式サイトの「ネットワーク(APN)設定方法」も参考にしてみてください。

乗り換え後必要なのは、ターボ機能のダウンロード

同じ端末を使い回すならデータ移行やLINEアカウントの機種変更手続きなどは一切必要ありません。

必要なのは、ターボ機能を切り替えられるアプリのダウンロードだけです。

UQモバイルは「ターボ機能」というシステムがあり、
ターボ機能をオフにすることで通信速度を低速に切り替えて、通信量を節約できるアプリを提供しています。

活用するために、AppStoreやGooglePlay Storeから「UQ mobile ポータルアプリ」をインストールしておきましょう。

UQモバイルのポータルアプリ

このアプリでは通信速度の切替だけでなく、通信量の残量の確認もできます。
UQモバイルを利用するにあたり、インストールしておくことをおすすめします。

UQモバイルのお得なキャンペーン情報

UQモバイルのキャンペーン情報

UQモバイルでは、契約時に適用できる豪華なキャンペーンも行われています。2つほど紹介するので、チェックしてみましょう。

イチキュッパ割

利用開始月から13ヶ月目までは、UQモバイルにおける「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」の利用料金が1,000円引きになります。
こちらはとくに申し込みの必要はなく、自動で適用されます。

家族割

UQモバイルを複数回線契約すると、2回線目以降の月額料金が500円引きになります。対象になるのは最大9回線です。
条件はUQモバイルを「ぴったりプラン」か「おしゃべりプラン」で契約することのみ。適用にはUQお客さまセンターへの電話かUQモバイル取扱店への来店が必要となります。

家族割とイチキュッパ割は併用できるので、家族でUQモバイルに乗り換えれば二重に料金がお得になりますね。

まとめ

auからUQモバイルへの乗り換えは簡単です!
auの解約からUQモバイルの契約までに行う作業は、基本的に電話かWebで完結でき、時間も約30分です。

《この記事のまとめ》

  • auからUQモバイルへの乗り換えは、重要なポイントがある
  • 作業自体は30分程度で簡単

手続きの流れやauの解約金やUQモバイルの初期費用などのかかる料金をしっかり確認したら、乗り換えを検討してみてはどうでしょうか。

今ならSIM購入で商品券3,000円プレゼント
uqmobile

関連記事:UQモバイルで本当に後悔しない?利用者の声で発覚したデメリット3種類


最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る

楽天モバイルやmineo、UQモバイルなど、格安スマホや格安SIMのテレビCMを見る機会もかなり増えてきました。docomoやau、softbank(ソフトバンク)など大手キャリアのスマホは月々6,000円〜10,000円の通信料金がかかってきますが、格安スマホのMVNO事業者への乗り換えで月額費用にして2,000円〜5,000円は安く携帯が使えることになります。となると気になるのは通信容量や通信エリア、通話品質などの提供サービス、そして端末スペックなどです。
有名どころのGalaxyシリーズやXperiaシリーズだけでなく、zenfoneやAquosフォンなど、SIMフリー携帯も最近ではかなり性能の高い端末が出てきていますので、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店の携帯電話取扱エリアで一度触ってみると良いかもしれません。(格安スマホは路面店がないケースが多いのは難点ですね)