格安で契約できる!SIMカードを提供しているMVNOの正体とは?

格安で契約できる!SIMカードを提供しているMVNOの正体とは?

今話題のMVNOって何?

single_13

近年、「MVNO」から発行されている「格安SIM」が話題となっています。格安SIMとは、通常のdocomoやau、softbankよりも安い月額料金で使用できるSIMのことです。電車やネット上で、広告を見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

使用するスマートフォンなどの端末の価格を抜きにして考えると、多くの場合は格安SIMを使用することによって通信にかかる月額料金を通常の電話会社の毎月の料金の2分の1〜4分の1程度に収めることができるため、月々の支払いを安く済ませたいという方々は、徐々に格安SIMという選択肢を視野に入れていっています。

スマートフォンでは、通信会社と契約した「SIMカード」を端末に入れることで通信が可能になります。MVNOと契約して入手したSIMカードでも、docomoなどの会社と同様に格安SIMで通信をしたり、電話をかけたりすることができます。それでは、MVNOはdocomoなどの「キャリア」とどう違うのでしょうか。それについて説明したいと思います。

まず、「MVNO」という言葉の意味について説明します。「モバイルバーチャルネットワークオペレーター」の略称が、MVNOです。

MVNOとは、携帯電話の通信回線のインフラを他社から借り受けている通信会社のことを指します。わかりやすく説明すると、日本における「MVNO」の会社はdocomoやauの回線を借り受けて使用しています。そのため、契約したユーザーは結果的にはdocomoなどの回線を使用することとなります。

例えば、契約した格安SIMにdocomoのロゴが書かれている場合はその会社ではdocomoの回線を使用しています。SIMカードにロゴが記載されている会社の回線を使用しているため、SIMフリースマホだけではなくdocomoのロゴがあるSIMならばdocomo、auならばauの端末を使用して通信を行える場合があります。

多くのMVNOでは、ただ通信を行えるだけにはとどまっておらず、様々な付加価値を備えています。例えば、LTEによる高速通信をあえて低速で行うように設定を変更し、代わりに通信容量の制限がなくなるといったサービスや、使わなかった分の容量を翌月も貯めておくことができるサービスなどが存在します。

それでは、同じ回線を使用しているうえに通常のキャリアでは受けることのできないサービスが追加されていても、どうしてMVNOでは月額料金が安くなっているのでしょうか?それについて、次の項目で解説します。

どうしてMVNOの通信料金は安いの?

single_14

MVNOの通信料金が安い理由は、たくさん存在しています。例えば、多くのMVNOは専用のお店を持っておらず、直接店員さんとのやりとりで契約することができません。

MVNOのSIMを利用するには、ネット上で自分で契約手続きを行う必要があります。

ほとんどの場合は支払い方法を選択し、名前や住所等の個人情報を記入するといった簡単な手続きですが、自分で注意を読んで行う必要がある場合がほとんどです。

また、SIMの入手手段もそれぞれバラバラで、ネット上で契約することで郵送される場合や、家電量販店で購入する場合など様々です。自分の契約したいMVNOについての情報は基本的に自力で調べる必要があり、店員さんにすべて任せるというようなことはできません。これにより、人件費などが大幅に削減されています。

さらに、ここには注意が必要ですが、通信の品質が会社によってまったく違い、さらに様々な条件によって速度に変化が生じることが、docomoなどの大手キャリアと直接契約しているSIMよりも頻繁です。

例えば、昨日までは高速で通信できていたのに、今日はとても遅いということが起こりうるのがMVNOです。これらの条件が重なって、MVNOは格安でSIMカードを提供できています。


uqmobile

最近登録された新着の格安SIMコラム

すべてのコラムを見る